臭い対策塾

臭いものには蓋をせよ!

Read Article

革靴で足の臭いがヤバイ。。原因から断ちましょう

足の臭いに影響を与える革靴について解説していきます。会社勤めの方は、毎日革靴を履いている方も多いと思います。実は革靴は他の靴よりも足が臭くなりやすい靴です。ここではその理由と、対策を順を追ってご説明していきます。

ashikusa_123

画像元

何故革靴を履くと足が臭くなりやすいの?

足の臭いの原因は、足に住み着く雑菌です。雑菌が繁殖する過程で臭いを発生させます。そして、雑菌が繁殖すればする程、足の臭いも強くなっていきます。足に住み着く雑菌が繁殖するためには、条件があります。それは、適度な温度と湿度、そして栄養です。

靴の中は、足から適度な温度が伝わり保たれ、汗によって湿度と栄養が運ばれる雑菌が繁殖しやすい条件が整った環境です。人間の靴の使い方を考えると、自然と臭いが発生してしまうのも仕方ないと思います。

そして、革靴は何故他の靴よりも足の臭いを、強くしてしまうのか?というと、それは革靴の革の密度に理由があります。革靴の革は密度が高いです。元々材料は動物の革ですので、革は高密度で雨が降っても水を通しません。

素晴らしい性能を持っているのですが、この素晴らしい性能が雑菌を繁殖させる原因になっています。外からの水を通さないということは、内側からの水も通しません。つまり、革靴は他の靴よりも湿度が逃げにくい構造なのです。そのため、靴の中の湿度が高くなりやすく、低くなりにくいのです。

それはつまり、雑菌が繁殖しやすい環境ができやすく、また、長い時間継続するということです。そして、雑菌が繁殖しやすい環境ができやすいということは、足の臭いも発生しやすいということです。これが、革靴が他の靴よりも足の臭いを強くしてしまう理由です。

革靴にできる足の臭いの予防方法は?

革靴にできる足の臭いの予防方法を3つ紹介します。

1つめ、靴に中敷を入れる方法

中敷を靴に入れれば、中敷が靴の中の湿気を吸い取ってくれるので、靴の中の湿度が下がります。湿度を下げることで、雑菌の繁殖を抑えることができます。

2つめ、靴を複数用意する方法

毎日同じ靴を履いていると、靴に雑菌が住み着いてしまいます。これでは、足を綺麗にしても靴を履くたびに、雑菌が足に戻ってしまい、足の臭いを予防することが難しくなります。

靴を2〜3足用意してローテーションして順番に履くことで、靴を適度に休ませることができます。靴は休ませてあげると雑菌が減りますので、足の臭いの予防に効果があります。

3つめ、除菌、抗菌スプレーを使用する方法

除菌、抗菌スプレーを靴に使用することで、雑菌の繁殖を抑えることができます。除菌、抗菌スプレーは優れた効果が発揮しますが、効果時間に限りがあるので、記載されている推奨使用回数を目安に使用するのが良いと思います。

今回は革靴と足の臭いに関して解説してきました。

革靴は足を臭くしやすい靴ですが、適切な対策を行えば、足の臭いを予防することはできます。革靴をよく履く方は足の臭いの予防のために、臭い防止のもう一手間を革靴に掛けてあげると良いと思います


URL :
TRACKBACK URL :
Return Top
nioikenkenkyuka