臭い対策塾

臭いものには蓋をせよ!

Read Article

足の臭いが治らない時は糖尿病が原因かもしれません

足が最近臭くなったな、ということはありませんか?実は、その臭いの原因は糖尿病かもしれません。糖尿病の症状の1つに、体臭がキツくなる症状が出ることがあります。その体臭はもしかしたら、体からのサインかもしれません。今回は、糖尿病による足の臭いの特徴と、糖尿病による臭いの発生プロセスに関して解説していきます。

ashikusa_124

画像元

糖尿病による足の臭いの特徴

糖尿病による足の臭いの特徴は、独特の甘くすっぱい臭いです。糖尿病になると、足に限らずに体全体の様々な箇所から、独特の甘くすっぱい臭いがする症状がでることがあります。

糖尿病と足の臭いの関係

何故糖尿病になると、独特の甘くすっぱい臭いがするのか?と言うと、そこには恐ろしい原因があります。糖尿病の原因は、体のインスリン不足です。インスリンは食事で摂取した糖分を分解するときに、欠かせない成分てます。

何らかの理由で、体のインスリンが不足すると、食事で摂取した糖分を分解することができなくなります。体は糖分を分解しないとエネルギーとして使用できません。

そのため、食事をちゃんと食べてエネルギーの源となる糖分は体内にあるのに、分解出来ないために体はエネルギー不足に、陥るという恐ろしい状態になります。そうなると、体は何とかエネルギー不足を補うために、体に貯めてある体脂肪を分解してエネルギーに変え始めます。

この体に貯めてあった体脂肪をエネルギーに変える過程で、ケトン体という物質が発生します。このケトン体が、糖尿病になると足の臭いや体臭として発生する独特の甘くすっぱい臭いの原因です。

体脂肪を分解する過程で発生したケトン体は、血液を巡り汗となって体外に排出されます。また、体内で分解されずに血液を巡る糖分も、同じように汗となって体外に排出されます。その結果、糖尿病独特の甘くすっぱい臭いが発生します。これが、糖尿病の独特の甘くすっぱい臭いが発生するプロセスです。

この症状に、気が付いたら早く病院にいくことをお勧めします。

糖尿病の初期症状

糖尿病は初期症状がわかり難い病気です。そのため、糖尿病に気がついた時には、症状が進行している場合も多くあります。ですが、しっかりと観察すれば、早く糖尿病に気が付くことができます。代表的な糖尿病の初期症状は、独特の甘くすっぱい足の臭いなどの体臭、傷の治りが遅くなる、突然水虫になるなどがあります。

これらの症状は、糖尿病による免疫力の低下や、体内のインスリン不足による体の不調を原因としています。体の調子がおかしいなと思ったら、無理をせずに病院にいくのが良いと思います。

糖尿病は恐ろしい病気です。糖尿病独特の甘くすっぱい臭い足の臭いは、体からのシグナルの1つです。体の調子がいつもと何か違うな?何にかおかしいな?と思う時は、早めに病院にいくのが良いと思います。今は、糖尿病は適切に治療できる病気です。ですが、治療するためには早めに病気を発見する必要もあります。何かおかしい時は、是非早めに病院へ行って下さい


URL :
TRACKBACK URL :
Return Top
nioikenkenkyuka