臭い対策塾

臭いものには蓋をせよ!

Read Article

足の臭いの原因は、イソ吉草酸だった!?

足のあの独特な臭いは、靴にもうつってしまい、なかなか臭いが消えず、困りものですよね。実はあの足の臭いの原因は、脂肪酸の一種であるイソ吉草酸と呼ばれる成分が原因になっています。この成分が発生することによって不快な臭いとなって生じているのです。今回はこのイソ吉草酸についてご紹介したいと思います。

ashikusa_85

イソ吉草酸はどのように発生するの!?

イソ吉草酸は、足の裏にかく汗そのものに含まれているというわけではなく、汗や皮脂をバクテリアといった雑菌がエサとして摂取し、その分泌物が分解されたことで生じるのです。あの足から臭うチーズが腐ったような特徴的な臭いの原因は、イソ吉草酸が発生したことによって生じていたのです。

イソ吉草酸といった成分を発生させないようにすれば、足の臭いが酷くなるという状態を回避することができます。
バクテリアのエサとなる汚れの溜まりやすい指の間や、爪の中も綺麗に洗浄していきましょう。毎日のお風呂で、指を広げて1本ずつ丁寧に洗い、更に指の裏側も念入りに洗浄することによって、雑菌のエサとなる物質が減るので臭い成分が作られにくくなるという仕組みです。

バクテリアといった雑菌は誰の皮膚上にも存在しており、何度もゴシゴシと洗っても全てを取り除くことは不可能なことです。
しかし、増殖を防ぐのが一番の足の臭いの原因を断つことになります。

足の臭い対策には靴下を変えてみよう

毎日お風呂なで、丁寧に足の汚れを落とし、バクテリアの繁殖を防ぐと同時に、5本指にそれぞれ分かれているソックスを履くのも、足の臭い対策にオススメです。
女性の中には「オジサンくさい」「ファッション的にちょっと・・」ということで、5本指ソックスを避けている方も多いかもしれませんが、
足の指から分泌される汗をしっかりと吸収してくれるので、汗をかきやすい夏場でも雑菌の増殖を防ぐことができます。
5本指ソックスは、水虫を予防できるのもメリットの一つとなっており、足を清潔に保てるグッズの一つだと言えるのではないでしょうか。
汗をかき多湿な環境は、雑菌の繁殖にはもっとも適した環境なのです。
お家の中や、靴を脱がないでいい日などを選んで履くなどして対策をしていくのも一つですね。

このようにイソ吉草酸どうようにして発生しているか知ることで、発生しないようにしっかり対策をとっていくことができます。
まず、足を日頃から丁寧に洗い、汚れを落とし、5本指ソックスなどを着用し、足の裏の汗を逃がしてくれるアイテムで、足を常に清潔に保つことで、足の臭いの発生原因を抑えること、予防することができます。


URL :
TRACKBACK URL :
Return Top
nioikenkenkyuka