臭い対策塾

臭いものには蓋をせよ!

Read Article

靴下の臭いは放っておくと危険

足が臭いという、悩みを抱えている方は沢山います。昔から足が臭いから仕方がない、と諦めていませんか?足の臭いは、適切にケアすれば予防も改善もできます。そのためには、足の臭いの原因を見極めることが大切です。今回は、靴下が臭い方の足の臭いの改善方法の紹介です。帰宅した時に靴を脱ぐと靴下から臭いがする方には、今回の予防、改善方法が役に立つと思います。

ashikusa_93

靴下が臭い原因は?

靴下が臭い原因は、靴下に雑菌が繁殖しているからです。では、何故靴下に雑菌が繁殖するのでしょうか?

靴下に雑菌が繁殖するのは、足の状態と、靴に原因があります。

まず、足が水虫に感染していたり、足が不潔な状態だと、足に住んでいる雑菌が靴下に移ります。この状態では、まだそれ程臭くないです。

ですが、靴を履くことで状態は一変します。靴の中は適度な温度と湿気があり、雑菌の栄養となる汗や老廃物が足の裏を通して供給されます。この環境は雑菌にとってはパラダイスです。この状態になると時間に比例して雑菌が増殖していきます。雑菌が増殖していくと靴下が臭くなります。これが、靴下が臭くなるプロセスです。

雑菌の数が多いほど、臭いは強くなるので、長い時間履いた靴下の方が臭いは強くなります。朝出掛ける時よりも帰ってきた時の方が、臭いのはそのためです。

靴下の臭いを防止する3つの方法

それでは、どうやったら靴下の臭いを防止できるのでしょうか?ポイントは3つあります。

1つめは、足を清潔に保つことです。

そもそも、足に雑菌がいなければ靴下は臭くならないです。また、足に雑菌が少なければ、始めに靴下に移り増殖する雑菌の数も種類も少ないので臭いの発生を抑えることができます。また、水虫に感染している方は、水虫を治療することも靴下の臭いを予防するのに必要です。

水虫も雑菌と同じように、靴下で増殖して臭いを発生させます。靴下の臭いを防止するためには、水虫の治療は避けては通れない問題です。

2つめは、靴をきちんと交換することです。

実は靴の中には、靴下から雑菌が移ります。そのため、毎日同じ靴を履いていると、靴の中に雑菌が生息している状態になります。これでは、足を綺麗にしても、靴から雑菌が足に移動してしまうので、足を綺麗にする意味がなくなってしまいます。

靴を毎日履かずに、適度に間隔をあけることで、靴の中の雑菌を減らすことができます。また、靴を使用しない場合には、靴に抗菌スプレーを使用すると尚良いです。

3つめは、臭いの発生しにくい靴下にすることです。

靴下を臭いの発生し難い靴下にすることで、雑菌の繁殖を抑えることができるので、靴下の臭いを予防できます。また、靴下にスプレーするだけで、雑菌が繁殖し難い靴下にするスプレーも販売されていますので、スプレーを購入するのも良いと思います。

これら3つのポイントを抑えて継続していけば、靴下の臭いを防止できます。

靴下の臭いの原因となる足の雑菌を取り除くのは、時間が掛かると思います。ですが、今回紹介した方法を継続して実施していけば改善できます。諦めずに継続して続けて欲しいと思います。


URL :
TRACKBACK URL :
Return Top
nioikenkenkyuka