臭い対策塾

臭いものには蓋をせよ!

Read Article

食事で私はこうしてワキガ改善した(ワキガ食事治療体験談9)

ワキガと自覚するのは思春期が多いです。多感な時期でいじめにもつながります。一方で若い時期からしっかりと食事を通じたワキガの臭い改善をしていくのは大きな効果があります。若い時期だと手術等のワキガ治療には抵抗がありますし、食事によるワキガ改善に努めるのも一つの解ですね。今回は中学生の時から食事治療によるワキガ改善に努めている20代の女性に寄稿いただきました。

多感な時期にワキガと自覚し、ショックでした

wakiga198_1

私が本格的なワキガになったのは、中学三年生の頃でした。

夏になると、体全体から汗をかくことができる健康体だったのですが、ワキの部分から体の他の部位とは異なるワキガの臭いがあることを母親から言われました。

洗濯物を洗うときに私の洋服から異臭がするということを家族から教えてもらったので、自分では気づかなかったのですが、周りの友人などから先に指摘を受けるよりもよっぽど助かりました。

ワキガの臭いということなので、1歩間違えれば友達からのいじめにもつながりかねない問題になりますので、身内でよかったと思っています

初めの頃はばれないように制汗剤をしようして清潔にワキを保っていました。しかし、汗をかくとたちまちワキガの臭いが制汗剤に勝ってぃまうほどでした。

そのため、もっと臭いの強いものを使用すれば封じこめるのではないかと考えて、母親の香水をこっそりと使用したこともありました。

しかし、結果は大失敗。ワキガの臭いと香水の独特の強い臭いが混ざってしまい秘奥に鼻を刺すような刺激臭がより広がるようになり、一切使用しなくなりました。

ワキガの臭いのある体というのはやはりコンプレックスですし、好きな人ともハグをすることやいちゃいちゃすることにも抵抗を感じていました。なので絶対に治療したいと思いました。

野菜とパクチーを取り入れた食事でワキガ改善するよう努力

wakiga198_2

画像元

ワキガの臭いがきつくなったころから私は、野菜中心の生活に切り替えました。

というのも、お肉を食べるとワキガの臭いの原因であるアポクリン汗腺が刺激されてしまうので、ワキガの臭いの発生を誘発してしまうという仕組みを皮膚科の先生から教えてもらいました。

そのため、ワキガの臭いを抑えるにはお肉の量を減らす。できることならお肉を食べないようにする野菜中心の生活を行うことをすすめられました。

そして、ワキガ改善のために摂取するべきおすすめの食材としてパクチーを勧められました。

抗酸化作用や、デトックス効果があるパクチーには、ワキガの臭いのように刺激臭を改善する効果が期待されると聞きました。

ただ、パクチーを毎食摂るのは、少し抵抗がある味と臭いでしたので、月に4回はとるようにルールを決めて、それ以外は大豆やトマトなど野菜やフルーツを使用したレシピを使用するように心がけました。

完治はしないものの食事によってワキガの臭いが改善

活性酸素を抑えてくれるパクチーと野菜中心の生活の影響でワキガのみならず体全体の臭いが改善しました。

素肌の香りがするようになったことにも驚きましたし、わきの部分にも汗をかいていないときは全くワキガの臭いがしなくなりました。さすがに、緊張したときに流れる汗などからは多少の苦味のあるワキガ独特の刺激臭が現在もしますが、野菜生活に変更する前に比べると大幅に効果があったと実感しています。

実際に改善効果がではじめたのは、私の場合3ヶ月目からでした。

食事治療はからだの構造を変化させることになるので、適応するまで時間を有しますのでこれくらい継続することは最低限必要かと思います。
ちなみに現在も大豆などお肉の代わりにタンパク質を摂取するように心がけて野菜生活を続けてワキガ改善につとめています。


URL :
TRACKBACK URL :
Return Top
nioikenkenkyuka